バルーン電報はこんな点がおすすめ

結婚式の電報と言えば、昔は電報台紙でしたが、最近はインパクトが大きいバルーン電報が、人気の祝電になっています。もちろん、結婚式だけではなく色々な送り方が出来ます。遠く離れて住んでいるお孫さんの誕生日や入学・卒業などにかわいいバルーンと電報を送ったり、出産祝いにもいいですね。インパクトの高いバルーンは開店祝いにもぴったりです。お店の前に花輪が飾られているのも綺麗ですが、かわいいバルーンはさらに目を引いて素敵です。その他に、出産祝いやお見舞い、発表会、パーティー、と様々な場面で送れます。誰かに気持ちや想いを伝えたい時、バルーンと一緒に思いを電報に綴り届けることが出来るのです。かわいいバルーンと思いが込められた電報のセット、受け取った方はさぞ喜ばれることでしょう。

バルーン電報の種類・選び方・価格など

バルーン電報にもいくつか種類があります。まずは結婚式定番のぷかぷか浮くヘリウムの入ったバルーンタイプ。比較的大き目で、インパクトが高いです。1週間から10日間くらい楽しめて、萎んできたら補充用ヘリウムガスで補充することもできます。そして卓上型のアレンジタイプ。ヘリウムタイプよりは小さめで、卓上に置いて飾るバルーンです。半年から1年くらい長く飾れて、大きさも選べるので色々なお祝いに選ばれます。また花束タイプは、卓上型と同じく大きさも選べて、花束を持っているみたいでとてもかわいいです。こちらも半年から1年くらい飾れて、ちょっとした贈り物にいいですね。風船のなかにぬいぐるみや生花などが入ったタイプもあります。バルーンが萎んでしまっても、ぬいぐるみだけで飾っておけます。

バルーン電報の送り方・注文するにあたっての注意点

電報といえばNTTや郵便局などの通信会社が専門ですが、バルーンの電報の取扱いはされていません。バルーンギフトショップへの注文が一般的で、通常の電報を依頼する時とほとんど変わりません。結婚式などに送る際、式場・披露宴会場によってはバルーンの受け取り・設置場所などがないケースもあるので、送る前に確認しておくのがおすすめです。また式が終わった後、そのバルーンは新郎新婦が持ち帰ることになるので、事前に相手に確認しておいた方がいいかもしれません。配送は前日に届くようにしておいた方が良いでしょう。バルーンはふくらませた状態で発送します。商品の特性上、配送時の気温・気圧などでバルーンが破損するときなどもあり、再発送となった際、当日だと間に合わない場合もあります。華やかでかわいらしいバルーンと電報セットは、年齢や場面に関わらずとっても喜ばれるでしょう。