学生がシェアハウスで暮らすメリットとは

一人暮らしの寂しさを感じなくてすむ

親元を離れたことがなかった学生が一人暮らしを始めると、最初は開放感を感じるようになりますが、その気持ちは最初のうちだけで、少しずつ寂しさが募ってくるようになります。家に帰っても電気がついていなくて静かな部屋に帰るというのは、寂しさが募ってくるものだからです。今までは家族でワイワイ暮らしていたものが、急に一人になると寂しくて仕方ありませんが、住む場所をシェアハウスにしてみる事によって、寂しさを紛らわす事が出来るのが大きなメリットです。数人で暮らしていれば、誰かが家にいる事が多いですので、明るい部屋に帰る事が出来、人の気配を感じながら生活をすることが出来ますので寂しいと感じる事もなくなるのでいいでしょう。

合宿をしているような気分が味わえる

同年代の人が多いシェアハウスを選べば、みんなで和気あいあいと暮らす事が出来ますので、まるで合宿をしているような気分を味わう事が出来ます。一緒にご飯を作ってみたり、リビングで一緒にテレビを見ながら笑いあったりと、毎日賑やかに暮らす事が出来ますので、楽しく暮らせるようになるのもメリットです。シェアハウスによっては、暮している人たちの年代がバラバラな所もありますが、そういった物件はそれはそれで楽しいというメリットもあります。学生の場合は年代の違う人たちとあまり接する事がありませんので、社会人になる前にいろんな年代の人と接しているのはいい勉強になりますので、年代が違う人たちと一緒に生活をしてみるのもいいでしょう。

相手に迷惑になるような事はしない

シェアハウスで暮らす上で絶対に守らなくてはならないのは、相手に迷惑になるような行為をしない事です。学生だからと言って夜中にどんちゃん騒ぎをしてみたり、友人を部屋に呼んでみたりするのは、他の人達に迷惑になりますので気をつけなくてはなりません。当番制で掃除や調理をするようになっているのであれば、きちんと与えられた仕事はこなしていく必要があります。試験前などでどうしても難しい時には、誰かに変わってもらうなど早めに対応をしておけば大丈夫でしょう。忙しかったからできなかったというのは通じませんので、都合が悪い時には変わってもらうようにしたり、どう対応していくかによって関係性が上手く築けていきます。ルールを守らなければみんなから反感を買う事になってもいけませんので、共同生活をしていく上での最低限のルールを守る事です。